読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飛び地(渋々演劇論)

渋革まろんの「トマソン」活動・批評活動の記録。

『わたし達の器官なき身体』インタビュー No.2

立本夏山(1982〜)―技術は何のため? 生きること・表現すること (聞き手:渋革まろん) 立本は動く、尋常じゃなく動く。まるで自らのカラダを痛めつけ自分自身の存在を受難しようとするかのように。両親が所属する劇団の稽古場に出入りもしていたという幼…

『わたし達の器官なき身体』インタビューNo.1

田村泰二郎(1948〜)―踊られる生、死と海、存在の謎 (聞き手:渋革まろん) 舞踏家とはどんな人達だろうか。田村のおどりを見ていると、幽玄という言葉が頭に浮かぶ。存在と非在のあいだを揺らめく花のように彼のカラダはふらりと現れる。それまで支配的だ…

『わたし達の器官なき身体』インタビュー No.0

おどられかたられるわたしたちの記憶―死・生活・風土・連なり― 『わたし達の器官なき身体』はアントナン・アルトー(1896-1948)が提示した「器官なき身体」をめぐって立本夏山と田村泰二郎のオトコフタリが〈おどりかたる〉作品です。「人間に器官なき身体を…